【再販】探偵「こちらの家から盗聴電波が出てます」→留守番っ子「どうぞ」→処女マンコ「メリッ…メリメリメリッッ!!」

【再販】探偵「こちらの家から盗聴電波が出てます」→留守番っ子「どうぞ」→処女マンコ「メリッ…メリメリメリッッ!!」 素人・ハメ撮り・個人撮影
  • 【再販】探偵「こちらの家から盗聴電波が出てます」→留守番っ子「どうぞ」→処女マンコ「メリッ…メリメリメリッッ!!」

※他サイトでも販売しています
 重複購入にご注意ください

き家庭は既にチェック済み。
1か月のリサーチで。
留守番している若い若い若い子・・・三浦(仮名)さんちのお宅は、特に可愛くて細くて、マニアにはたまらない子で。
ターゲットに決定。
結構は木曜日だった。

俺と仲間で、探偵のフリして、盗聴電波が出ていると言うと、簡単に信じ込む。
両親は、仕事中で家にはいない。

まんまと部屋に通された偽探偵2人。
壁の電源コンセント差込口を調べているフリをして、後ろから、ガッッッッッッッ。

口を封じて、脅し。
ピンクローターよりも小刻みに震える女の子。
ああ、これだ、この瞬間がたまらない。
力無き者を力づくでヤるこの瞬間。
これは間違いなく、狩猟をしていた頃の人間の本能だ。
俺は今、最も原始に近い。故郷を感じている。

手早く脱がす服。
トロピカルな色合いの服。
登下校中に、俺の煩悩を刺激するくせに不可侵という据え膳ボディー。
それを今、思いのままにしているのだ。

オッパイ。
膨らみかけの、まだ堅いオッパイ。
揉まれると痛い、熟れていない果実。
むんぐむんぐとワシ掴みにして潰す快楽。

パンツを脱がせると、まだ毛の生えていない縦線割れ目。
これもまた、醍醐味の一つ。

脱がしたパンツは、うるさい口に詰め込んで猿轡。

相棒の巨チンを、上の口に押し付けて、大きくなったところで、舌のマンコに一気に挿入!!!
メリメリメリッッッッッと音が聴こえてくる処女マンコ。
上の口からは、断末魔にも似た悲痛な絶叫。
その破瓜の音色、我々にとっては、モーツァルトよりも心地よく、
今こうして動画の編集している最中も、リピートリピートでBGMにしているほどである。
うーーーん、コーヒーがうまい。

相棒が●して、俺も、●す。
早くもセカンドバージンすら喪失。
心神喪失。

女の子の細い首を絞めて、ただでさえキツい処女マンコは、更なる締め付けを体現する。

コトが済んだら、とっとと退散。
これが、鉄則。

そして、二度と同じ現場に現れない。
これが、プロフェッショナルの仕事。
NHKさん、仕事の流儀の出演オファー待っておりますwwwwwwwwwww

時間
14分30秒
mp4

※モデルが着用しているのは、撮影者が用意した衣装となります。
※モデルは18歳以上であることを身分証で確認しています
※モデルの許可を得て撮影、公開しております
※フィクションです
※転載転売転用を全面的に禁止します