路上の伝説 新宿No.1 大物ぽっちゃりギャル Z世代の母性に包まれ安堵 規格外な巨乳と巨尻

路上の伝説 新宿No.1 大物ぽっちゃりギャル  Z世代の母性に包まれ安堵 規格外な巨乳と巨尻 痴かん風シュチュ・羞恥
  • 路上の伝説 新宿No.1 大物ぽっちゃりギャル  Z世代の母性に包まれ安堵 規格外な巨乳と巨尻
  • 路上の伝説 新宿No.1 大物ぽっちゃりギャル  Z世代の母性に包まれ安堵 規格外な巨乳と巨尻
  • 路上の伝説 新宿No.1 大物ぽっちゃりギャル  Z世代の母性に包まれ安堵 規格外な巨乳と巨尻

【最下部ホームページで特別画像公開中】

雨に映える紫陽花が美しさを増す季節、殿方のご子息はお元気でお過ごしでしょうか。

カラッと晴れた陽気は実に清々しく感じますが、ジメジメとした日こそ

ギャルを欲する私の衝動は激しさを増してゆくばかり。

日常的に新宿界隈の夜廻りを行なっているせいで、床につく時間こそ午前さまだが

毎朝6時起床し、段ボールを抱えて東京の街を走り回り

そして深夜のウォーキングを続ける私の体力は、同じ中年男性と比べれば大きな差があるに違いない。

日頃のトレーニングのせいなのか、この男らしい性欲は衰えることを知らない。

今夜も有り余る性欲を抱えたまま、新宿へ車を走らせた。

まずは大久保公園近くを徘徊してゆく

この夜も大久保公園付近にはたちんぼがズラリと並んでいた。

ミニスカートに生足、顔をマスクで隠したギャルたちはスマホを眺めながら立ち続け

男達はギャルたちをイヤラしい目つきでジーっと眺めながら物色してゆく。

眺めているだけで大興奮の光景だ。ここに並ぶギャルたちは全員やれるギャルなのだ!!

これがコロナ禍以降、歌舞伎町の定番の風景となっている。

若い頃は金を払ってでも、アイドルやAV女優のような美女とエッチなことをしてみたいなぁ..と願っていた記憶もあるが

この年齢になると、もはや生の素人ギャルならば誰でも構わない。

残り少ない男としての余生、一人でも多くの女の裸を見たい!!

そんな私からすれば、たちんぼの女に金を払うなど勿体無い!!

金を払った時点で負けなのだ!!

我々、中高年男性がたちんぼギャルに金を払えば、その金はホストで使われるだけで

ホストクラブの男達の財布に入る。

反対に我々が確固たる強い気持ちを持ち、たちんぼギャルに金を支払わなければ

彼女たちはホストクラブへ通えなくなり

生意気なホストたちも貧乏になってゆく。

だからこそ、たちんぼギャルに金を払う必要などない!

昭和の男なら当然〝無料で裸のギャルを拝んでやる〟

その心意気を持って欲しいものだ。

路上で堂々と行われる売春行為を横目に、貧乏人の戯言をブツブツと呟きながら

一人勃起しながら虚しく歩いていた。

10代の頃にモテる男はスポーツ万能タイプや不良系だが

20代になると大企業に勤めている男がモテはじめる。

それ以降は結局すべて金だ。

金さえあれば、どんな良い女だって忠実なペットにできる。

だが、金と女の裸だけあれば満足かと言えば、私は〝NO〟だ。

私は女性に真剣に愛されてみたい。

母なる海のように大きな愛で母性に包まれてみたいのだ。

しかし、こんな私を誰も愛してはくれない。

ギャルの裸と母性を探しながら、小さな飲食店が連なる細い路地に入った時だった…

なんと……?!

自動販売機の前で路上に横たわるギャルと空き缶

既に深い夢の中ならば最上の状態なのだが、命に関わる状況ならば

新宿交番で救急隊員を呼ぶべきかもしれない。

興奮7割、不安3割という心境だったが、私は接近してみることにした。

近づいてよく見ると足がピクピクと痙攣を起こしている…

桃色のパーカー、真っ白でパンティが透けそうロングスカート

20代半ばほどだろうか、人懐っこさを感じる愛くるしい表情だが

これは大物…歌舞伎町一のぽっちゃりギャルだ!

さすがに配達で鍛えた腕力と足腰でも、持ち上げることができないであろう肉付きの良さ。

この柔らかくて最高の肉ボディに包まれ、母の愛情を感じながら

これ以上ない安心感の中で最高のフィニッシュを迎えたい。

軽バン配達員:「深夜のパトロールです。お姉さんどうされましたか?」

ポチャギャル:「…」

軽バン配達員:「…」

それはそうだろう。

彼女はもう家と路上の区別すら出来ていない。

私は悩んだ…

車からは距離があり、取りに戻れば同業者にポチャギャルを奪われてしまうリスクが高い。

行けるか?いや、行くしかない!!

腕を肩に回し、支えながら歩くことなどできない。

ええい!こうなれば背負うしかない!!

最も近い非対面式のホテルまでの道のり、私は多くの人にジロジロと見られた。

歌舞伎町では男が女をおぶって歩く姿は日常茶飯事だが、私のような外見では

怪しさも満点だろう…

しかし、恥じらいよりもリスクよりも何よりも、私はその母性に包まれてみたかった。

そして大きな乳や大きな尻を拝んでみたかった。

腰に膝が悲鳴を上げ続ける中、火事場の馬鹿力を振り絞り

ようやくホテルに到着した時、私は疲れ果てていた…。

まるで団地の最上階へミネラルウォーターの箱を持ち、ダッシュを繰り返した後のようだった。

疲労困憊の中、真っ白なロングスカートを眺めていると

足腰はガクガクと小刻みに震えているのにも関わらず、私の股間はパンパンに膨張していた。

まずロングスカートの上から、その馬鹿デカい尻に触れた。

すると物凄い弾力だ!これまで数えきれぬほどのギャルの尻を揉んできたが

この弾力はキングオブキング!!

そのスケールの大きさと感触、まさに母の巨尻だ!

20代とは思えない母性が溢れ出す巨尻に私は感動した。

もう我慢ならない。

私を意を決してロングスカートの内部へ潜入した。

素晴らしい!

そこには雄大な太ももと巨尻、そして純白パンティ。

真っ白のロングスカートの中に純白のパンティとは最高のコラボレーション。

そうか、白いロングスカートはパンティが透けて見えてしまうからこそ、純白を選んだのか。

だが隠しても無駄だ、ポチャギャル!!

私はパンティまでも剥ぎ取る昭和の男。

何より、私を応援してくださっている日本全国の殿方に、お前の裸をお見せしなければならないのだ。

さあ次は巨大な乳だ。

真面目なポチャギャルのことだ、きっとパンティと同じ純白のブラジャーを…

やはりだ!!

真面目そうなギャルな必ずと言ってもいい程に、上下お揃いの下着を身に付けているものだ。

真っ白に薄紫色の刺繍がされている可愛いブラジャー、そして巨大な小山が二つも見える。

これはでかいぞ!!

その深い谷間を人差し指で〝ツンツン〟とつついてみたが、物凄いパワーで跳ね返されてしまう。

この弾力巨乳は私の手で丁寧に揉みほぐしてやらねばならぬ。

私はブラジャーの上から両方の乳を揉み続けた。

嗚呼、たまらない。

手の平に収まりきらない爆乳サイズだ。

どれだけ揉みほぐしてもほぐれない上質な乳だ。

一体全体これは何カップになるのだろうか?

ポチャギャルをうつ伏せに動かし、ブラジャーのホックを外しタグを見てるみると

F75?!まるでZ世代の戦闘機か?!

私はポチャギャルの上体を起こし、ポチャギャルの背後に回り込み座った。

これほどの大きな乳を後ろからたっぷりと両手で揉んでみたかった。

完全に脱力しているポチャギャルの重みがずしりと感じたが、私はその重みに安心感を憶えた。

背後から鷲掴む巨乳は、揉めば揉むほどに幸福度が増してゆく。

これぞ男として生きる喜びだ!

生まれ落ちた時から母の乳を吸い育ち、大人になればギャルの乳を吸い

一生涯かけて女の乳房を追い求め続けてゆく、それが健康の源だ!

たっぷりとデカすぎる乳を揉み尽くし、体力を回復させた後

私は力を振り絞り、ポチャギャルをベッドの上に持ち上げ

その迫力に満ち溢れた肉体の全てをカメラにしっかりと記録した。

その様子は是非実際の映像でお愉しみください。

我慢の限界をとうに超えてしまっていた私は

ポチャギャルのふっくらした可愛い手の平に

私の白汁を垂らしてしまった。

生暖かい私の白汁を手に握りながら、ポチャギャルはどんな夢を見ているのだろうか。

そう考えると再び興奮に襲われたが、冷静になり私は歌舞伎町の街へ逃げ出した。

帰り道、大久保公園の前を再び通ったが、もう立ちんぼの姿はなかった。

今頃はサラリーマンから金をもらい、どこかのホテルで合体中なのだろう。

いつもなら嫉妬心でいっぱいになるが、今夜の私は清々しい気持ちでいっぱいだった。

全てが大きいポチャギャルの大きな母性に包まれた私は、いつになく上機嫌で車を走らせ

タバコに火をつけて呟いた。

我儘は言わない。

ただこんな私を、私だけを毎日無償で愛してくれるギャルの嫁が欲しい…

動画時間:28分34秒
動画サイズ:1980×1080
動画形式:MP4

・本作品はフィクションであり、登場人物は18歳以上であることを確認しています。
・登場する人物はモデルであり、撮影は彼らの同意のもとに行われています。
・この動画はシチュエーションを目的として制作され、公開されています。
・フェティッシュな要素を扱っており、私生活の一部を描写しています。
・出演者は18歳以上であり、身分証のコピーと同意書を提出しています。
・作品内の行為は演出ですので模倣しないでください。
・出演者には行為やプレイについて十分な説明と了解を得ています。
・本作品は特定の嗜好に合ったマニア向けのコンテンツであり、視聴時には注意が必要です。